ペットに合った食事が大事!評判のキャットフードで愛猫を守れ|Individual Service

ペットの健康を考えよう

ペットも人間と同じように、栄養が偏ると病気を発症します。評判を頼りに品質の高いキャットフードを選んで、愛猫の健康を守りましょう。

キャットフードとドッグフードの違い

タンパク質中心・キャットフード

肉食動物である猫は、犬よりも多くのタンパク質を必要とします。そのため、キャットフードには、ドッグフードよりも多くの脂肪やタンパク質が含まれているという特徴があります。他にも、ミネラルやカルシウムを必要とするので、総合的な栄養バランスを考えてキャットフードを選びましょう。

植物の栄養満点・ドッグフード

肉食動物である猫とは違い、雑食性の動物である犬は、植物性の食物を摂取することができるという特徴があります。人間と同じように炭水化物も多く必要としますが、人間と同じ食べ物を与えると塩分過多で体に毒です。犬には必ず専用のドッグフードを与えるように心がけましょう。

肉食の動物だと理解する

犬と猫

ペットブームといわれる中で犬や猫を飼っている人の数はどんどん増え続けていて、ペットフードの需要も高まっています。今のペットフードは昔に比べて品質が良くなっているとされていますが、ペットの長生きはそのおかげだといえるようです。犬猫と一概に言いますが、その性質はまるで異なり、犬に比べると猫のほうが食べられるものの範囲は狭いと言われています。猫は完全な肉食で、肉を食べさせないという選択肢はありません。キャットフードの中でも原材料は生肉がほとんどで、他のものがあまり含まれず、つなぎとしての添加物なども入っていないものの評判が良さそうです。ペットフードにはカリカリと呼ばれるドライフードととろとろと呼ばれる缶詰やパウチなどがあります。どちらでもそれぞれの家庭の都合で使い分けると良いでしょう。ドライフードは決まった形状にまとめるために猫にはあまり必要ない穀類も含まれていますが、生肉の割合がより多い良質なものもあり、やはりそのほうが評判はいいようです。

ちゃんと見る

キャットフードを選ぶときにいちばん考えたいのは、飼っている猫にとってどのキャットフードが合っているかという点です。これはいろいろ試してみるしか方法がありませんが、初めて買うキャットフードの場合は容器に記載されている原材料などをきちんと確認することが望まれます。アレルギー体質など食事に気をつけなくてはいけない場合には含まれているものの確認が必要不可欠です。猫は肉食なので、肉以外の野菜や果物、イモ類などが含まれているキャットフードが体質に合わないということもあり得ます。猫は基本的に吐くことが苦ではない動物です、吐いて気分がすっきりということもあり、頻繁でなければ心配はないようです。食べたものが自分に合っていないとわかれば本能的に吐く場合もあるので、その場合は与えたキャットフードが原因とも考えられるので他を試すといいかもしれません。一緒にいる猫のことをいちばんわかっているのは飼い主なので、新しいフードを試す場合には慎重に見守る必要があります。フードの評判を見極めるのも飼い主の役目でしょう。

広告募集中